弁護士紹介

弁護士 石坂 想 Ishizaka Sou

弁護士_石坂想_こすぎ法律事務所

略歴

東京都多摩市出身
京都大学法学部卒業
中央大学法科大学院卒業
神奈川県弁護士会に弁護士登録後、厚木市所在の三竹法律事務所に勤務
2010年4月1日、こすぎ法律事務所を開設

神奈川県弁護士会委員会活動

  • 業務妨害対策委員会
  • 人権擁護委員会

所属団体・研究会等

  • 全国倒産処理弁護士ネットワーク
  • 首都圏生活保護支援ネットワーク
  • 川崎商工会議所会員

公益活動

  • 神奈川県弁護士会 高齢者・障がい者の権利委員会
  • 神奈川県弁護士会 弁護士業務改革委員会

外部役員、講演、執筆など

  • 貿易会社 監査役に就任(2009年〜現在)
  • 厚木市役所主催セミナーにて「近隣トラブルの解決方法」について講演
  • 川崎商工会議所異業種研究会主催セミナーにて「弁護士との上手なつきあい方」について講演
  • 川崎商工会議所異業種研究会主催相談会にて「遺言・相続についての法律相談」担当
  • 税理士法人主催のセミナーにて「企業の自己破産手続」について講演
  • 『賃金と社会保障1637号』(旬報社)にて執筆
  • 目黒区商工まつり(リバーサイドフェスティバル)の『目黒ビジネスサミット』にて,不正競争防止法の営業秘密について講演

その他

詳細な実績については、こちらをご覧ください。
http://www.ishizaka-law.com/223518677

このページのトップへ

弁護士 内田 和利 Kazutoshi Uchida

弁護士_内田和利_こすぎ法律事務所

略歴

神奈川県横浜市出身
神奈川県立港北高等学校卒業
専修大学法学部法律学科卒業
横浜弁護士会(現:神奈川県弁護士会)に弁護士登録後、川崎市内の法律事務所に入所
2013年、新百合ヶ丘法律事務所(現:新百合ヶ丘総合法律事務所)を開設
2019年、こすぎ法律事務所に参画

神奈川県弁護士会委員会活動

  • 法教育委員会

所属団体・研究会等

  • 日本弁護士連合会社会科見学協力弁護士
  • 神奈川県弁護士会スポーツ法研究会
  • 日本スポーツ法学会
  • 日本スポーツ学会
  • 日本プロ野球選手会公認代理人
  • 公益財団法人日本スポーツ協会スポーツ少年団協力弁護士
  • 一般社団法人日本キックボクシング選手協会(理事)
  • 格闘家サポートコミュニティマーシャルエイド(代表)
  • LGBT支援法律家ネットワーク
  • LGBT心理支援者の会(副代表)
  • ボーダレス交流会Na・Nā・ji(主催)
  • 一般社団法人日本遺品整理協会
  • 専修大学エクステンションセンター法律総合講座講師
  • 専修大学学生生活課学生相談室法律相談担当弁護士
  • BNI Anchor チャプター

主な講演・セミナー・メディア掲載

  • 横浜市市民法律講座にて「裁判員制度スタート~あなたが裁判員に選ばれたら~」について講演(2009.10)
  • 専修大学国際交流事務課にて「外国人留学生向けブラックバイト対策講座 ブラックバイトに遭遇したら。」についての講演(2017.06)
  • 某株式会社某労働組合にて「LGBTQ D&Iセミナー」(2018.06)
  • LGBTインタビューメディアサイト【LGBTER】に掲載(2019.03)
    (「個人の尊重」って、誰もが重苦しさを感じずに生きられる社会にすること【前編】(https://lgbter.jp/kazutoshi_uchida1/)・「個人の尊重」って、誰もが重苦しさを感じずに生きられる社会にすること【後編】(https://lgbter.jp/kazutoshi_uchida2/))
  • あなたの輝く姿が、つぎの誰かの勇気となる。| OUT IN JAPANに掲載(2019.4)http://outinjapan.com/kazutoshi_uchida/

主な執筆文献

  • 設楽裕文編『信山社双書法学編 法学刑法1 総論』(株)信山社 「錯誤の責任故意」の部分を執筆(2010.05)
  • 設楽裕文編『信山社双書法学編 法学刑法2 各論』(「自由に対する罪」を執筆)(株)信山社 「自由に対する罪」の部分を執筆(2010.05)
  • 設楽裕文編『信山社双書法学編 法学刑法3 演習(総論)』(株)信山社 「誤想防衛、誤想過剰防衛」、「第三者侵害」の部分を執筆(2010.08)
  • 設楽裕文編『信山社双書法学編 法学刑法4 演習(各論)』(株)信山社 「監禁罪の保護法益と偽計による監禁」、「性的意図と強制わいせつ罪」、「181条の重い結果につき故意ある場合」の部分を執筆(2010.08)
  • 設楽裕文編『信山社双書法学編 法学刑法5 判例インデックス1000』(株)信山社 「逮捕及び監禁の罪」、「脅迫の罪」、「略取、誘拐及び人身売買の罪」の部分を執筆(2012.03)
  • 菅原哲朗・森川貞夫・浦川道太郎・望月浩一郎監修『スポーツの法律相談 最新青林法律相談14』(株)青林書院 「ヒジャブ着用を理由とする競技参加の禁止」の部分を執筆(2017.03)

主な取扱分野

LGBTQ(セクシャルマイノリティ)に関する法的問題、格闘家(ボクサー・キックボクサー・総合格闘家など)に関する法的問題(移籍や違約金、ジム運営に関する法務など)、相続・遺言、離婚・親権(親子関係を含む。)、交通事故・スポーツ事故その他の事故(学校事故等を含む。)、債権回収、借地・借家等の不動産賃貸、不動産取引、建築紛争、近隣トラブル、労働事件(使用者側、労働者側双方)、サラ金・多重債務(債務整理・個人破産・個人再生を含む。)、成人刑事事件・少年事件等の刑事弁護、刑事告訴・告発、犯罪被害、行政事件等

一言

私は、男性同性愛者(ゲイ)です。
中学生の時に自覚をしましたが、大学生で初めて親友にカミングアウトするまで、誰にも言えませんでした。
今でこそ、このようにオープンにしていますが、そこに至るまでには、様々な葛藤や悩みもありました。
その経験から、誰もが自分らしく生きられる社会を実現すべく、とりわけ、スポーツの分野と、LGBTQの分野への取り組みを強めています。
①大好きな格闘技を競技として確立するため、一般社団法人日本キックボクシング選手協会の理事や格闘家サポートコミュニティ「マーシャル・エイド」の代表を務め、そのお手伝いをしています。
②性的マイノリティーであることで生まれる悩みに寄り添い、その解消に向けて、ボーダレス交流会Na・Nā・jiを主催するなど、ともに歩んでまいります。
また、母校専修大学のエクステンションセンターの課外講座で講師をしており、後進の育成にも力を入れています。

趣味

  • 格闘技観戦
  • プロ野球観戦
  • 卓球
このページのトップへ

弁護士 川瀬 典宏 Kawase Norihiro

弁護士_川瀬典宏_こすぎ法律事務所

略歴

東京都墨田区出身
慶應義塾大学文学部卒業
神奈川県弁護士会に弁護士登録後、横浜市所在の松井法律事務所に勤務
2010年4月1日、こすぎ法律事務所を開設

神奈川県弁護士会委員会活動

  • 神奈川県弁護士会総合法律相談センター委員会
  • 民事裁判手続運用委員会

所属団体・研究会等

  • 全国倒産処理弁護士ネットワーク
  • 倒産法研究会
  • 神奈川県弁護士会交通事故損害賠償研究会
  • 神奈川医療問題弁護団

主な取扱分野

企業倒産、事業再生(民事再生)、破産管財人業務
離婚、相続(遺産分割・遺言)等の家事事件
労働事件、医療過誤事件

趣味

ベランダ菜園(野菜作り)
筋力トレーニング
写真撮影

一言

依頼者の求めていることを的確に把握し、ニーズに合った処理を心がけます。
依頼者ご自身に合った専門家を見つけることが解決への近道です。お気軽にご相談下さい。

このページのトップへ

弁護士 北村 亮典 Kitamura Akinori

弁護士_北村亮典_こすぎ法律事務所

略歴

北海道札幌市出身
札幌南高校卒業
慶應義塾大学法学部法律学科卒業
慶應義塾大学大学院法務研究科卒業
神奈川県弁護士会に弁護士登録後、横浜市所在の弁護士法人に勤務
2010年4月1日、こすぎ法律事務所を開設

役職等

神奈川大学法科大学院アカデミックアドバイザー(2009年6月〜)
公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理センター専門家相談員(2013年10月〜)
横浜市中高層建築物等に係る専門家派遣制度助言者(2012年4月〜)
神奈川住宅紛争審査会紛争処理委員(2013年10月〜)
相模原市建築及び開発事業紛争調停委員会委員(2016年4月〜)
横浜市木造住宅耐震施策関係事業に関する検討委員会委員(2019年4月〜)
経済産業省経営革新等支援機関(2013年10月〜)
神奈川県弁護士会川崎支部幹事(2015年4月〜2016年3月)
神奈川県弁護士会財政制度委員会(2015年4月〜)

所属団体・研究会等

メディア掲載・実績等

  • 2018年8月4日 日本経済新聞 Money&Investment「自筆証書遺言 書きやすく」において、遺言に関する当職のコメントが掲載されました。
  • 2017年8月7日 全日本不動産協会相模原支部にて「不動産の管理・処分と民事信託の活用法」というテーマで講演しました。
  • 2016年10月18日 鎌倉市の市民法律講座で、「成年後見・任意後見の基礎知識」というテーマで講演しました。
  • 2015年4月18日(土)、株式会社大山組新本社完成記念、「コミュニティサロン」プレオープン無料イベント「相続対策セミナー」を行いました。
  • 2014年9月26日、三井のリハウス主催「成年後見の基礎知識」セミナーを行いました。
  • 2014年7月18日、川崎信用金庫主催「遺言・相続セミナー」を行いました。
  • 2014年6月4日、日本経済新聞全国版のもしものホーム法務コーナ「相続と争い 老親の世話、寄与分認めて」において、当職のコメントが掲載されました。
  • 2014年1月8日、日本経済新聞全国版のMoney&Investment「介護の功、報われるには」において、介護に対する寄与分に関する当職のコメントが掲載されました。
  • 2013年9月25日、日本経済新聞神奈川版において、当職が所属する一般社団法人神奈川相続支援ネットワークの活動が紹介されました。
  • NHK総合にて放送された乃南アサ原作のドラマいつか陽のあたる場所で」の法務考証を行いました。
  • 2013年3月13日、三井ホーム主催、さいか屋川崎において「失敗しない遺産分割について」セミナーを行いました。

公益活動

  • 犯罪被害者支援委員会
  • 弁護士業務改革委員会
  • 厚木基地訴訟弁護団

主な取扱分野

家族法(離婚・相続・後見)、不動産取引(借地,賃貸管理,建築トラブル)、個人・法人の倒産処理,個人再生手続、中小企業法務(労務問題、債権回収、契約書審査)、犯罪被害者支援を専門にしています。その他民事事件(交通事故,損害賠償など)も主に扱っています。

弁護士より一言

私は、北海道札幌市で生まれ育ち、大学時代に上京し大学時代を武蔵小杉で過ごしていましたので、第二の故郷とも言うべき川崎市武蔵小杉という地には愛着があります。恩返しするというつもりで、川崎市の地域の方々のために尽くしていきたいと思い武蔵小杉に事務所を開業しました。

これまで勤務していた事務所は、100社以上の中小企業の顧問契約を頂いている事務所でしたので、顧問企業の契約書審査、債権回収業務、その他、顧問企業の方の紹介で個人の破産や離婚、相続、交通事故等幅広い業務に携わり、主に民事を専門として経験を積んできました。

現在は、横浜弁護士会家族法研究会に所属し、家族法(離婚・相続)の問題に注力して取り組んでおります。一般社団法人神奈川相続支援ネットワークの代表理事を努め、相続を専門とする税理士・司法書士と協働して年間300件を超える相続問題の相談を受けています。

前職の事務所において不動産業、建築業の顧問企業を多く扱い、現在は神奈川住宅紛争審査会紛争処理委員をつとめ、神奈川県弁護士会の住宅・建設紛争処理委員会や一般社団法人不動産相談協会に所属して不動産・建築問題にも積極的に取り組んでいます。

また、大学院で倒産法を専門に学んできましたので、その経験を生かして会社の倒産処理や個人再生手続にも多く取り組んでいます。全国倒産処理弁護士ネットワークに所属し、倒産処理に関する最新の知見も常に把握するよう勤めています。

今後は、これらの経験を生かして、企業や個人の皆様にとって身近で利用しやすい弁護士となることを目指しております。

趣味

  • 音楽鑑賞、ギター・ベース演奏(The beatles、Unicornなど)
  • Apple製品(Mac,iphone等)・デジタルガジェットを利用した仕事、生活の快適化

ブログ・ウェブサイト・ツイッター

このページのトップへ

弁護士 山根 大輔 Daisuke Yamane

弁護士_山根大輔_こすぎ法律事務所

略歴

1973年(昭和48年)倉敷生まれ、東京都練馬区育ち
早稲田大学高等学院・同大学法学部卒業。司法試験合格後、最高裁判所司法研修所司法修習生(配属:京都地方裁判所)を経て、岡山弁護士会に弁護士登録。岡山県倉敷市内の法律事務所にて実務経験を重ねる。その後、同事務所を独立し、新百合ヶ丘にて山根大輔法律事務所開設[横浜弁護士会(現:神奈川県弁護士会)]。
2013(平成25)年、新百合ヶ丘法律事務所(現:新百合ヶ丘総合法律事務所)開設。
2019(令和元)年、こすぎ法律事務所に参画
家族構成 : 妻、長男。

主な取扱分野

離婚、相続、交通事故、損害賠償請求、建物明渡、その他一般民事事件、刑事事件(特に少年事件)、債務整理、売掛金回収等

所属団体等

神奈川県弁護士会(子どもの権利委員会(学校部会所属))、子どもセンターてんぽ会員、公益社団法人川崎西法人会、川崎商工会議所、川崎生田ライオンズクラブ

趣味

長男誕生を機に42歳にして草野球復活、登山、キャンプ、
料理、麻雀、長男と公園でボール遊び

このページのトップへ

弁護士 田中 達哉 Tanaka Tatsuya

弁護士_田中達哉_こすぎ法律事務所

略歴

神奈川県横浜市出身
青山学院大学法学部卒業
AI Cambridge international law programme修了
法政大学法科大学院修了
横浜弁護士会に弁護士登録後、
同会内法律事務所を経て
2015年1月、こすぎ法律事務所に入所

神奈川県弁護士会委員会活動

  • 業務改革委員会(中小企業支援センター部会等)
  • 人権擁護委員会

所属団体・研究会等

  • 日本リーガルカウンセリング学会
  • 外国人ロイヤリングネットワーク(LNF)

主な取扱分野

個人・法人の破産手続、再生手続、
中小企業の法務(債権回収、労働事件等)、
相続(遺産分割、遺言等)、
交通事故

趣味

サッカー(神奈川県弁護士会サッカー部所属)
スポーツ観戦

一言

皆様のご要望に真摯に向き合い、ひとつひとつ丁寧に取り組みます。
お気軽にご相談ください。

このページのトップへ

弁護士 切田 龍太 Kirita Ryuta

弁護士 切田 龍太_こすぎ法律事務所

略歴

神奈川県藤沢市出身
早稲田大学法学部卒業
早稲田大学大学院法務研究科修了
横浜弁護士会に弁護士登録後、川崎市内の法律事務所に勤務した後、2016年4月、こすぎ法律事務所入所

主な取扱分野

家事事件(親族・相続等)、
倒産事件(個人破産・法人破産・個人再生等)、
民事事件(不動産関係・交通事故・その他各種損害賠償事件)、
刑事事件

趣味

ピアノ演奏・音楽鑑賞
耳コピ

一言

生まれ育った地元神奈川で弁護士として活動できることを
嬉しく思います。
親身になって皆様のお話をお聴きし、ご要望に応じた適切な解決ができるよう精一杯努めてまいります。

このページのトップへ