特許権・商標権

1 知的財産とは何でしょうか

「特許とか著作権なんて一部の技術屋やアーティストの話しでしょう?」と思っている方は多いかもしれません。
しかし、どんな人でも、何らかの創作活動をしています。例えば、今日あったことについてブログを書くことも立派な創作活動です。ブログの記事は、何でもない出来ごとを、あなたが面白く分かりやすく表現したものであり、あなたが創り出した子供のようなものです。
知的財産権は、人間の創造性を尊敬し、正当に評価するために、保護されるものなのです。

知的財産権を有している権利者は、権利を独占することができます。
例えば、特許権を有している者は、その特許を使った製品を作成したり売ったりすることができますが、他の者は特許権者の許可がなければそのような行為ができません。そのため、特許権者に対価を支払って特許を使わせてもらう必要がでてきます。
以下では、知的財産のうちでも最近問題となることの多い、商標権と著作権について簡単にご紹介します。

2 商標権

商標(トレードマーク)とは、自分の商品又は役務と他人の商品又は役務とを識別する標識であり、商品又は役務の出所を示す標章のことです。事業を営む方が自分の商品と他人の商品を区別するために自分の商品に使用するマークということです。
商標は、登録することによって商標権という権利が発生し、商標権者は商標専有権に基づき、第三者に対して自己の商標を使用しないように求める権利が発生します。 実務上、問題としてありがちなケースを紹介しましょう。事業を立ち上げて商標登録せず商売をしていたら、他の者から、商標権に基づいて、使用の差し止めや商標権の買い取りを求められるという事案です。これは、基本的には合法です(登録していなかったほうが悪いということになります)。しかし、お店が商標出願前から商標を使用していて、周りも使用の事実を認識しているのにも関わらず、他の者が商標登録をした場合はどうでしょうか。このようなことが起きれば、そのお店が苦労して築きあげた信用等にただ乗りして儲けをあげることが出来てしまいます。そこで、このような場合には、「商標の先使用権」という権利が認められており、お店が屋号の使用を継続できる可能性があります。

3 著作権

著作権とは、思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属する創作的表現物(著作物)を創作した者に与えられる、複製権、上演権、頒布権などの権利の総称です。
著作権は登録を必要とせず、表現行為の時点で権利が発生し、保護されることになります。
個人、企業問わず、今もっとも紛争に巻き込まれやすいのは、この著作権をめぐるトラブルであるといえるでしょう。IT技術の発展により、インターネットにおいて動画の送受信をすることも容易になりました。動画をアップロード・ダウンロードすることも多いですが、一歩間違うと、動画の著作権を侵害する行為となる可能性があります。
また、インターネット上で拾ってきた文章や絵や写真などを自分のブログに掲載することも気軽にやってしまいがちですが、これもケースによっては著作権侵害になりえます。
また、コンピュータープログラム(ソフトウェア)を巡る紛争も増加しております。コンピュータープログラムは、作成に膨大な費用がかかる一方、複製することは簡単です。コンピュータープログラムについても著作権法上、著作物として著作権が認められておりまず。特に日本ではプログラムの特許がこれまで重視されてこなかったため、コンピュータープログラムの保護は主として著作権によらざるを得ないのが現状です。
著作権の侵害がある場合には、侵害した相手方に対して損害賠償請求や著作物の使用の差し止めを求めることとなります。

当事務所では、知的財産関係のトラブルでお困りの個人・企業の方のご相談を受け付けております。特許の調査や商標登録等が必要となる場合には、信頼できる弁理士事務所をご紹介致します。また侵害訴訟やライセンス契約締結交渉等についても対応させていただきます。