契約書作成・審査

ビジネスを進めるにあたってトラブル発生は付き物です。最初は恋人同士のように取引を進めていても、ふとした拍子にトラブルが発生し、恋敵のように憎み合うということもあります。契約書はトラブル予防という意味で大変重要なものです。
後日、取引先と取引上のトラブルが生じたときに、契約書を作成していなかったり、契約の条項があいまいであったりしたために、トラブル解決により多くの時間及び費用を要することがみうけられます。いったん取引が始まってしまうと契約内容の交渉をすることは難しいため、取引開始前に取引先と書面による合意(契約書締結)をしておくことが重要です。
契約書作成にあたっては、合意内容を単純に並べるだけではなく、①取引の現実に合致し②考えられるリスクをカバーできるような内容にすることが重要です。
当事務所は、各種類型の契約書作成・審査のノウハウがありますので、新たな契約書の作成・契約締結交渉、契約書に付随する念書、覚書等の作成・修正のみならず、既に締結された契約文書の審査など、企業間の合意文書の作成に関してあらゆる場面での対応が可能です。